VR酔いとは?なぜ起きるの?対策と防止法を解説

share:

VR(ヴァーチャルリアリティ)が多くの人々に浸透してきた今、課題となっているのが「VR酔い」への対策です。今回は、VR酔いが起きる原因とその対策について解説して行きます。

VR酔いとは?なぜ起きるの?

筆者も某VRセンターでかなりの酔いを経験したことがありますが、そもそもVR酔いとはどういう症状で、なぜ起きるのでしょうか?

VR酔いとは

VRによる仮想世界を体験した際、船や車に乗って乗り物酔いをしたときのように、めまいや吐き気を感じることがあります。また、VRではなくても一人称視点のFPS(※)ゲームのような画面が目まぐるしく変化するゲームでも同じような体験をした人もいらっしゃるでしょう。このような症状を 「VR酔い(Virtual Reality sickness)」や「3D酔い」と呼びます。

※FPSとは「First Person Shooter」の略称で、日本語で「一人称視点のシューティングゲーム」と訳されます。

VR酔いの原因

一般的にVR酔いの原因は、脳に送られる情報の不一致が原因と考えられています。人は目に映し出される映像の「視覚」情報と、三半規管から入る「平衡感覚」が不一致となると、脳が混乱し、吐き気やめまいなどの「VR酔い」が発生します。

VR酔いの対策

VR酔いは、いくつかの方法で防ぐことができます。ここでは2つご紹介しましょう。

映像を滑らかに表示させる

VR酔いは、ゴーグルを装着した自分の動きと、映像の動き(視覚情報)にラグがあるほど、起きやすくなります。その意味では、映像をより滑らかに、自分の動きに遅延なく表示させることでVR酔いを起きにくくさせることができます。

具体的には、PC等の場合は、性能の高いデバイスを使うことで映像を滑らかに表示させることができます。反対に、性能の低いデバイスの場合、映像に遅延が発生しやすくなってしまいます。

脳を映像の動きに慣れさせ、酔いにくくしていく

「慣れること」も大切です。いきなり激しいVR空間に繰り出すと、VR空間に酔いが起きやすくなってしまいます。最初は映像を少しずつ動かし、VRに慣れていくことをおすすめします。

体調の悪いときはVRは避けましょう

VR酔いは、乗り物酔いと一部で同様のメカニズムで生じると考えられています。そのため酔い止めの市販薬の中には効能に「ゲーム酔い」を挙げているものがあったりもします。

疲れているときや眠いときなど、体調が万全でないときもVR酔いになるケースがあります。VRの世界に入るときは、十分に体調管理をして楽しみましょう。そして、もしVR酔いを感じ場合は一度休息を取り、体調を整えることも大切です。

share: