スクウェア・エニックスがNFT・ブロックチェーンの取扱を明言!内容まとめ

share:

最終更新日 2022.04.25

スクウェア・エニックス・ホールディングスの代表取締役社長である松田洋祐氏は2022年1月1日、年頭所感を公開しました。この内容はNFTやブロックチェーンを本格的に扱っていくことが読み取れる内容でした。今回はこの所感を筆者なりに理解し噛み砕いた形でまとめてみました。

松田社長「メタバースがサービスとして結実」

松田社長は2021年についてこう述べています。

2021年は、メタバースが大きな話題となりました。メタバースとは何かからはじまり、ビジネスとしてどのような可能性があるかの議論が世界中で活発に行われる中、10月にはFacebookが社名を「Meta」に変更するなど、単なるバズワードにとどまらないコンセプトとして定着するとともに「メタバース元年」といわれるほど人々の耳目を集めました。
この流れの背景には、XR技術の進化、クラウドや5Gの普及、ブロックチェーン技術の高度化など、ここ数年来の各分野の技術進化が、メタバースというコンセプトのもとにサービスとして結実しつつあることが大きいと考えています。今年2022年は、いよいよ本格的なビジネスフェーズに移行し、様々なサービスが登場する年になるでしょう。メタバースという抽象的な概念が具体的なプロダクト・サービスとして提供される段階になってくるなかで、我々のビジネスにもより大きなインパクトを与える変化をもたらすのではないか、と期待しています。

年頭所感 | SQUARE ENIX HOLDINGS
https://www.hd.square-enix.com/jpn/news/2022/html/post_244.html

松田社長は2021年にメタバースが話題となっており、すでに「サービスとして結実しつつある」と認識してます。

また2022年以降は「本格的なビジネスフェーズに移行」するため、「我々のビジネスにもより大きなインパクトを与える変化をもたらす」と発言していて、松田社長はスクエア・エニックスのビジネスとしてただ参入するだけでなく、「大きなインパクトを与える変化」になると考えています。

大きくビジネスモデルが変わることも示唆されてますね!

NFTの可能性にも言及

続けてNFTについてこのように述べています。

また、同じく昨年、瞬く間に人口に膾炙したキーワードとして、NFT(非代替性トークン)があります。ブロックチェーン技術を活用したNFTの登場により、デジタル財の取引に関する流動性が大いに高まった結果、様々なデジタル財が高額で取引され、世界中で話題を呼びました。2021年は「メタバース元年」であるとともに「NFT元年」でもあり、大きな熱狂をもってその裾野を急速に拡大させた年であったと思います。現時点でのNFTによるデジタル財の取引においては、コンテンツそのものの魅力とは無関係な形で、やや投機的色彩を帯びて過熱化している状況も散見されます。こうした状況は当然のことながら好ましい状況とは言えませんが、デジタル財取引が今後幅広く一般の人々にも普及するにつれ、いずれは適正な水準に収斂し、有体物取引と同様に、より馴染みやすいもの、そしてコンテンツ自体の価値がその取引により正確に反映されたものとして浸透していくのではないか、とみています。

松田社長は2021年を「NFT元年」とした上で、実際の価値を無視した投機的なもの、バブルであると認識しています。ただこの状況はいずれ収まり、また一般の人々に普及するにつれ価値も「適正な水準になり取引されると予想しています。

筆者も現状のNFTは過熱しすぎていると感じています

ブロックチェーンゲームも重点投資分野へ

こうした事業環境の変化に対し、当社は、昨年5月に発表した中期事業戦略の中で、新規領域への挑戦としてAI、クラウド、ブロックチェーンゲームを重点投資分野と定め、積極的な研究開発、投資を行ってきました。
AI分野においては、従来のゲームAIの枠にとどまらないエンターテインメントAIの開発を目指して、(株)スクウェア・エニックス・AI&アーツ・アルケミー(以下AI&AA)を2020年3月に設立、主として自然言語処理・世界モデル・シミュレーション技術などに重点を置き、研究開発を進めています。その成果は今後我々が世に送り出していくゲームの開発、クオリティ向上に寄与するのみならず、バーチャルアバター等への実装を通じて、広くデジタルエンタテインメントビジネス全般への展開を視野に、様々なコンテンツへの応用、他企業への技術提供を計画しています。

スクウェア・エニックス社は2021年からブロックチェーンゲームについて研究開発を行っていました。またAIを活用したバーチャルアバター、仮想世界のAIを搭載した住人の実装を研究しているとしています。

また他企業への技術提供を計画しているとのことから、AIのプラットフォーム例えばIBMのワトソンのようなものを考えているのかもしれません。

「新しい面白さ」へ、クラウド活用が有効

クラウド分野においては、主にコンテンツ流通におけるクラウド技術の活用と、その特性を活かした新しい面白さをお客様に提案するコンテンツ開発の両面から検討を進めています。5Gエリア拡大をはじめとした通信インフラ整備や各種デバイスの高性能化が加速することで、当社が提供するコンテンツがお客様にとってより身近になるとともに、これまでとは全く異なる遊び方、コンタクトポイントが生まれる可能性が広がると考えています。当社が持つコンテンツ、サービスを統一的に提供する手段として、そして、従前からの強みであるコンテンツ開発力を拡張した新しい面白さを生み出す契機として、クラウド技術の活用は非常に有効であり、この分野への必要十分な投資を実施してゆきます。

クラウドと5Gのような通信インフラが広まるにつれて新しい客層を取り込める可能性を示唆して、今後もクラウドを使った開発をしていくとのことです。

遊んで稼ぐ「Play To Earn」の概念

そして、ブロックチェーンゲームです。今までのゲームの在り方は、シングルプレイゲームであろうとオンラインゲームであろうと、ゲームを提供する側、すなわち我々クリエーターが一つの完成品としてゲームを提供し、それをユーザーがプレイするという一方通行の流れでした。他方、黎明期を脱し、今まさに成長期に突入しつつあるブロックチェーンゲームは、トークンエコノミーを前提とすることで、自律的なゲームの成長を可能とするポテンシャルを秘めています。この自律的なゲームの成長を可能とする最大のドライバーは、ゲームをはじめとしたインタラクティブコンテンツに対する人々の向き合い方・動機の多様化であり、トークンエコノミーの進展はこの流れをさらに加速させるでしょう。最近巷間を賑わしている「Play To Earn」という概念は、まさにこのトレンドの典型例だと思います。こうしたトレンドに対し、マジョリティである「Play To Have Fun」(シンプルにゲームを楽しみたい)という動機を持った人々の中で、一部懸念の声があることも十分理解しています。他方、コミュニティの中には「Play To Contribute」(ゲームをより面白くするために貢献したい)という動機を持った人も常に一定数いる中、今までのゲームの在り方では、個人の善意やボランタリー精神といった不安定なものが、創作活動の拠り所となっていました。これは、従来からあるUGC(User Generated Content)の限界とも無関係ではありません。UGCは、その提供者個人の表現意欲のみを創作の拠り所しているため、創作活動の対価としての明示的なインセンティブが存在しておらず、これがゲームチェンジャーとなるようなビッグコンテンツがUGCから生み出されにくかった理由の一つではないか、と考えています。

今までのゲームは、完成品をユーザーがプレイするだけだったが、それに比較してブロックチェーンを活用したゲームは仮想通貨を使った経済圏が存在するために、プレイヤーは色々な動機を持つとのことです。

具体的にはゲームプレイすることで仮想通貨を稼ぐ例をあげています。また、今まではゲームをより面白くするために貢献したい人たちによる創作活動、ボランティア活動は存在するものの、創作活動をおこなっても、対価が無いためにビッグコンテンツが生まれにくかったのではないかとも述べています。

確かに創作活動をしてもインセンティブがなければやる気にならないですものね

しかし、トークンエコノミーの進展により、明示的なインセンティブが提供されることで、不安定性が解消されるだけでなく、自らの創作に対するアップサイドが可視化されることとなり、より多くの人々が創作活動に携わり、没頭することで、一層ゲームが面白く成長する可能性が広がると思います。当然その果実は、純粋にゲームを楽しみたいと考える多くの人々にも新しいゲーム体験という形で還元されることでしょう。「Play To Have Fun」から「Play To Earn」さらには「Play To Contribute」まで、様々な動機をもったユーザーがゲームに関わり相互に関連付けられる、それを可能とするものがブロックチェーン技術に基盤を置くトークンなのです。そしてトークンエコノミーをゲームデザインとして成立させることで、自律的なゲームの成長を実現してゆく、このエコシステムこそが私が分散型ゲームとよぶ所以であり、今後のゲームの在り方の潮流の一つになってゆくものと期待しています。完成品としてのゲームを通じたゲームプレイヤーとゲーム提供者のワンウェイの関係、これを分散型との対比で中央集権型ゲームと呼ぶとするならば、中央集権型ゲームに加え、当社のポートフォリオに分散型ゲームを取り込んでゆくこと、これが今年以降の大きな戦略的テーマです。ブロックチェーンゲームを実現する基礎技術、要素技術は既にそこにあります。暗号資産にかかる社会的リテラシーも数年前と比して格段に深まり、受容度も向上しています。今後もこうした社会動向を注視するとともに、ゲームに関わる様々な動機を持った人々の声にしっかり耳を傾けながら、将来的な自社トークン発行も見据え、事業展開を本格化させてゆきます。

仮想通貨の経済圏が広がるにつれて、創作活動にもインセンティブがつくことで、多くの人が創作するようになると述べています。つまりここでは創作活動をNFTとして仮想通貨での取引が広がり、ゲームの面白さにつながるのではないかと考えているようです。

これが実現することで様々な客層の人たちがお互いに影響しあって自律的にゲームを成長させていくと考えているようです。

ゲームも「中央集権型」から「分散型」へ

また今までのゲームを「中央集権型ゲーム」、このブロックチェーンを活用したゲームを「分散型ゲーム」としてポートフォリオに取り込むとしており、今後は分散型ゲームを本格的に扱っていく決意がみられます。そして最後にこう締め括っています。

Withコロナを見据えた新しい生活様式の中で、これまで述べてきたような新しいテクノロジー・コンセプトやそれらがもたらす事業環境の変化は、当社の事業基盤であるデジタルエンタテインメント事業によって人々の生活をより豊かなものとする機会を数多く提供してくれるものと思います。それは同時に、当社の事業を更に飛躍させる萌芽が日々うまれていることを意味しています。私たちは、コンテンツの創造、開発、提供に引き続きコミットし、新しい面白さを提供することで、社会と人々の幸福に貢献して参ります。

share: