不動産クラウドファンディングとは?第3回「リスク回避の優先劣後方式」

share:

「不動産クラウドファンディングの仕組みとなる優先劣後方式とは何だろう?」

優先劣後方式は、投資家の出資金と運営事業者の出資金を別にして運用する仕組みです。

不動産クラウドファンディングでは、なぜ優先劣後方式を採用するのでしょうか。今回は、不動産クラウドファンディングの低リスクになる要因について解説します。

不動産クラウドファンディングとは? 第1回「注目される仕組み」
不動産クラウドファンディングとは?第2回「2つの投資メリット」

 

優先劣後方式とは何か


不動産クラウドファンディングにおける運用の仕組み、優先劣後方式とは、出資総額を分けて取り扱う方式です。投資資金を優先出資と劣後出資に分けて、運用期間終了まで分けたまま運用します。

期間終了時に物件の評価額が下がっていた場合、下落した部分を劣後出資金で負担する仕組みの方式です。

この方式が低リスクを支えている大きな要因となります。長期運用の不安を軽くする仕組みですね。

優先出資と劣後出資

優先劣後方式のポイントは、優先出資と劣後出資の関係です。

優先出資者が投資家

優先劣後方式では、優先出資者が事業者が募集する投資家にあたります。運営事業者は、投資家の資産に影響を及ぼさない方法として、優先劣後方式を採用します。

優先出資者は、利益分配を目的として出資した投資家です。投資家に対して、利益を優先的に分配される権利が優先出資者になります。

劣後出資者が運営事業者

一方の劣後出資者は、運営事業者にあたります。投資案件の評価額が下がって売却した場合、劣後出資者の出資金を損失部分にあてる仕組みです。

評価額が下がって運用期間が終了したときは、運用事業者の劣後出資金を損失にあてます。

優先劣後方式が採用されているメリット


優先劣後方式による投資家のメリットは、次のとおりです。

元本割れのリスクを低減できる

不動産クラウドファンディングは、投資案件の評価額が下がった場合、元本割れのリスクを抱えています。元本割れのリスクを低減するために、評価額が下がったときの負担は事業者の出資金からあてがう仕組みです。

投資家の元本割れリスクを低減できるでしょう。

相反の起きない利益追求ができる

優先劣後方式は、相反の起きない利益追求ができます。出資金が区別されているため、共同投資であっても投資家と事業者それぞれの意向で出資できるでしょう。

投資家は自分の考えで利益追求ができます。

優先劣後方式の仕組みを知って低リスク投資を始めてみよう


今回は、不動産クラウドファンディングの優先劣後方式について解説してきました。

不動産クラウドファンディングは、低リスクな少額投資スタイルな方法です。手頃な資産運用として始めてみてはいかがでしょうか。

不動産クラウドファンディングとは? 第1回「注目される仕組み」
不動産クラウドファンディングとは?第2回「2つの投資メリット」
share: