不動産クラウドファンディングの利回りは?第1回「3つの利回り」

share:

少額の資金から始められる不動産投資として注目されている不動産クラウドファンディング。少額の資金ということでリスクが金額的に限定的であることから利回りが気になるポイントです。

不動産クラウドファンディングの利回りについて、3回にわたり解説します。今回は、3つの利回りについて解説しましょう。不動産クラウドファンディング利回り物件への投資手法を探している方は、参考に役立ててください。

不動産クラウドファンディングの利回りは?第2回「元本割れリスク」
不動産クラウドファンディングの利回りは?第3回「利回りの計算と相場」

 

想定利回り

不動産クラウドファンディングの利回りは、大きく3つに分けられます。中でも、投資案件を選ぶ際の判断材料となるのが想定利回りです。

想定利回りは、出資した金額に対しての年間で見込まれる利益率。見込み利回りの年間平均数値になります。ファンド案件情報に記載される想定利回りは、あくまでも見込み収益のため、実際の収益を保証する仕組みではありません。そのため、目安として捉えて置く必要があります。

とくに、物件が集合住宅や集合施設の場合は、想定利回りが満室時の利率であり実際の入居状況で変わるでしょう。

表面利回り

表面利回りは、投資する不動産の価格に対して、賃貸収益の年間割合のことです。クラウドファンディングで投資する物件から、年間いくらくらいの賃貸収益を得られるか?年間収益の割合になります。

年間の家賃収入を物件価格で割り戻して算出する表面的な利回りです。一般的には、グロス利回りと呼ばれています。

実質利回り

実質利回りは、表面利回りと対照的な利回りです。仮定の計算に投資にかかる手数料や税金などを加えて算出します。

不動産の賃貸収入から物件取得や管理にかかった経費を差し引いた収益率で判断する利回りです。別な言い方として、ネット利回りやNOI利回りと呼ばれています。

利回りの種類を理解して実際に運用してみよう

不動産クラウドファンディングの利回りは、想定利回りや表面利回り、実質利回りなどがあります。今回は、3つの利回りの特徴を解説しました。

想定利回りでは、満室を想定した利率となり、表面利回りでは経費などが差し引かれていないため、実際に運用してみないと見えてこない部分もあります。

ファンド情報に記載されている利回りがどの利回りを指すのか?ご理解のうえ、案件を選んでみましょう。

不動産クラウドファンディングの利回りは?第2回「元本割れリスク」
不動産クラウドファンディングの利回りは?第3回「利回りの計算と相場」
share: