つみたてNISAの特徴は?一般NISAとの違いは?

share:

資産運用について調べていると、NISAのことをよく耳にしませんか?NISAは、少額投資非課税制度です。

NISAには、一般NISAとつみたてNISAがあります。同じNISA制度なのに、何が違うのでしょうか?

今回は、つみたてNISAの特徴について解説します。

一般NISAとの違いなど、合わせて紹介するのでぜひ、参考にしてください。

 

つみたてNISAはどんな制度?


つみたてNISAは、長期・積立・分散の3要素における投資をサポートする目的で作られた非課税制度。つみたてNISA専用の口座を一人ひとつまで開設ができます。日本居住の20歳以上の方なら、誰でも取り組める資産運用の制度です。

制度の特徴としては、一般NISAとつみたてNISAを同時に利用できない点があげられます。利用者は、一般NISAもしくはつみたてNISAのどちらかを選ばなければなりません。最長で20年間続けて運用ができるため、長期目線で取り組める制度です。

一般NISAとの違い


つみたてNISAは、同じ非課税制度でありながら、一般NISAとの違いがいくつかあります。

一般NISAつみたてNISA
非課税枠年間120万円年間40万円
非課税期間最長5年間最長20年間
非課税対象譲渡益
配当金
分配金
譲渡益
配当金
分配金
投資スタイル通常の買付け・積立投資積立投資のみ
引き出し制限なしなし
利用対象年齢 

※2023年1月以降は18歳以上が利用可能

20歳以上20歳以上
購入対象となる金融商品株式
ETF
公募株式投資信託など
長期・積立・分散の投資条件を一定基準満たした投資信託
投資利用期間2014年~2023年2018年~2042年
※期間内の最長20年間で可能な期間

一般NISAは、投資方法と対象となる金融商品の種類が豊富です。また、非課税投資枠も大きくなります。

一方のつみたてNISAは、非課税期間と投資できる期間が長い特徴を持っています。

こんな人はつみたてNISAがおすすめ

つみたてNISAは、次のような人に向いている制度ではないでしょうか。

  • 長期で利用したい人
  • 毎月コツコツと貯めたい人
  • 毎月一定額を積み立てたい人
  • 投資するタイミングをがわからない人
  • 定期的に積み立てられることから忙しくても資産運用をしたい人
  • まとまった資金のない人

長期投資や積立投資を分散投資によるリスク軽減を目指して貯金感覚で資産運用する場合は、つみたてNISAをおすすめします。

月々の積み立ても許容範囲であれば、コツコツと楽しめるかもしれませんね!
share: