株の信用取引とは?どういうしくみ?

share:

株取引には、保有する資金などを担保にして株を売買する方法として「信用取引」があります。

今回はその信用取引について、仕組みや利用するメリット・デメリットなどを説明します。

信用取引とは?

信用取引は、資金または証券などを証券会社に委託保証金として担保にする取引方法です。証券会社に預けた委託保証金により定められた期限内で資金を借りたり、証券を借りたりできます。

返済する際は、借りた対象となる反対売買で対応します。

信用取引の仕組み

信用取引は、2つの形式から選びます。一般信用取引と制度信用取引です。

それぞれの仕組みを比べてみましょう。

一般信用取引制度信用取引
取引対象の銘柄原則として全上場銘柄対象取引所で選定された銘柄
返済期限証券会社と顧客で取り決める6カ月まで
品貸料(逆日歩)※証券会社と顧客で取り決める取引所の発表による
権利処理方法証券会社と顧客で取り決める取引所の定めるところ
貸借の可否貸借不可貸借可能

※信用取引において貸株料以外に発生する、売り建てで借りている株の手数料

制度信用取引の対象銘柄

制度信用取引の対象銘柄は、一定の基準を満たすことで取引所に選定されます。

以下のような基準が設けられています。

  • 制度信用銘柄: 証券会社との貸借取引において資金のみ借り入れできる
  • 制度信用取引の貸借銘柄: 証券会社との貸借取引において資金および株式どちらも借り入れできる

信用取引を利用するメリット・デメリット

信用取引を利用する場合は、メリットとなる部分とデメリットになる部分を理解しましょう。

メリット

信用取引のメリットは、証券会社に担保として預託した委託保証金の約3倍まで売買が可能なことです。例えば、30万円の資金を委託保証金とした場合、約90万円までの株を購入できます。株価が予想どおりの結果になれば大きな成果も考えられます。

また、現物取引の差金決済禁止とは違い、当日中複数回取引できることもメリットです。さらに、株価が下落する局面で取引する信用売り(空売り)が利用できることも特徴のひとつです。

信用売りは、証券会社から借りた株を市場で売却します。売却した株を株価が下がったタイミングで買い戻して返却する方法です。

デメリット

信用取引のデメリットは、担保として預託した資金以上に取引できることから、リスクも大きくなる点です。思惑どおりに株価が変動すれば利益が期待できますが、逆の場合は、大きな損失になることも考えられます。

また、選んだ銘柄に信用取引の制限が掛けられることも有り得ます。

コスト面においても、信用取引のほうが現物取引よりも手数料が高くなることが多いことでしょう。

株(株式)とは?初心者にもわかりやすく解説
投資の税金が気になる!「特定口座」を覚えておこう
share: