不動産投資ローンとは?住宅ローンとの違いは?

share:

投資用の不動産購入などで申し込むローンと、住宅購入時に申し込むローンには異なる部分があります。

今回は、不動産投資ローンと住宅ローンの相違点について、特徴を比較して解説しましょう。

不動産投資ローンとは

不動産投資ローンは、不動産投資を目的とした不動産購入で利用する融資です。

不動産投資ローンの特徴

不動産投資ローンは、融資案件によって収益物件を担保とします。そのため、物件の資産価値が高ければ審査を通過しやすいのが特徴です。物件の資産価値だけではなく、収益性も融資審査を左右します。

住宅ローンとは

住宅ローンは、住宅取得やリフォーム、住宅ローンの借り換えなどを目的として金融機関に申し込む融資です。

住宅ローンの特徴

住宅ローンは、居住用の土地や建物などを担保に住宅取得の資金を借入できます。

住宅ローンは、固定金利や変動金利から選べます。

  • 固定金利:ローンの固定金利期間内に金利が変動しない融資
  • 変動金利:ローンの借入期間中に適用された金利が変動する融資

変動金利は固定金利より金利が基本的には低く設定されています。低金利政策が続いている状態であれば、金利を抑えられる選択になるでしょう。

不動産投資ローンと住宅ローンの違いを比較

不動産投資ローンと住宅ローンの違いは、次のように比較できます。

不動産投資ローン住宅ローン
ローン金利年利1.5%~4.5%ほど年利0.5%~2.0%ほど
借り入れの目的賃貸経営を目的にした物件の購入費用
収益用不動産を購入する費用
自宅の購入費用
自宅の増改築費用
住宅ローンの乗り換え
金融機関によっては住宅購入用の諸費用も対象
※借り入れする本人が住居とする物件に掛かる費用
返済原資毎月の家賃収入(賃貸経営から得られる収益)個人の労働による収入(毎月の給与など)
融資金額事業収入に対する融資:年収の10倍~20倍が上限(家賃収入や給与、貯蓄を合わせて判断)個人に対する融資:個人年収の5倍~8倍が上限(属性による)
融資審査内容個人の属性:信用度や返済能力
物件の収益性:所在エリア・築年数・家賃設定・過去の売買歴など
※金融機関により審査基準が異なる
個人の属性(年収・勤続年数・貯蓄金額・他社借入金額・金融事故歴など)
制限事項法人名義でも契約可能契約者が居住すること
個人名義での契約

不動産投資ローンの金利は、住宅ローンの金利よりも高くなっていることが多く、不動産投資ローンの返済金額や融資金額も住宅ローンより大きくなる場合が多いです。

不動産投資ローンは、収益物件の賃貸状況が返済に影響します。空室の状態では、見込んだ家賃収入に届かない場合もあります。そのため、収益の安定性も金利の高さに影響するでしょう。

share: