円安・円高とは?それぞれのメリット・デメリットは?

share:

日々の為替相場のニュースで必ず出てくる「円安」「円高」

銀行に預金を持つ国内資産のある人は、円高が与える影響や円安による影響など理解しておく必要があります。

今回は、円安と円高の定義について、それぞれのメリットやデメリットをふまえて解説しましょう。

 

円安のメリット・デメリット

円安とは、他の通貨と比べて円の価値が下がっている状態をあらわします。交換可能な他通貨の単位が相対的に少なくなっている状態です。

ドルに例えれば、円が安くなるとドルの価格が上がるため、1ドルに対して必要となる円が増える仕組みとなります。

メリット


円安のメリットは、海外へ輸出している企業が外貨を稼いだ分、多くの日本円に換えられる点です。

輸出企業は輸出による売上を円安により増やせるため、業績アップとなります。投資においては、海外で保有する資産価値が相対的に上昇するでしょう。

デメリット

円安のデメリットは、海外から仕入れるモノが高くなることです。

円と交換する外貨が減るため、海外からの輸入頼みの企業にとって厳しい状況が考えられるでしょう。

原油や穀類など輸入資源頼みの産業の場合は、物価の高騰を余儀なくされて生活をひっ迫する要因にもなります。円安時期に海外旅行に行くと、(円と交換した場合)現地で支払うお金が割増しになるでしょう。

円高のメリット・デメリット

円高とは、他の通貨と比べて円の価値が高くなっている状態をあらわします。交換可能な他通貨の単位が相対的に多くなっている状態です。先ほど紹介した円安とは真逆となり、円が高くなると、ドルの価格が下がり、1ドルに対して必要となる円が減る仕組みになります。

メリット

円高のメリットは、海外製品を輸入して安く購入できることです。輸入産業や海外の部材を使った産業などは、恩恵を受けて業績アップとなります。とくに原油や天然ガスなどエネルギー資源が安くなることにより、ガソリン代や電気代なども安くなる方向に期待が持てるでしょう。

デメリット

円高のデメリットは、海外資産がある場合、相対的に価値が下がってしまうことです。国内製品を輸出する産業の場合は、高騰により売りにくくなります。海外で稼いだ外貨に関しても、日本円に換えることで目減りしてしまうため、輸出企業の業績に悪影響を及ぼします。

share: