投資信託とは?メリットとデメリットを解説

share:

「投資信託には、どのようなメリットがあるの?」

投資信託は、個人投資家にとってハードルの高い部分を可能にした投資商品です。投資信託は、どのような特徴があるのでしょうか?

この記事では、投資信託について、メリットやデメリットの部分を解説します。投資信託が投資初心者でも始めやすい投資商品となるのか?判断材料としてお役立てください。

 

投資信託とは?

投資信託は、複数の投資家から集めた資金をひとつにまとめて、投資の専門家による判断で株式や債券、不動産などに投資する仕組みの投資商品です。

投資信託は、個人投資家にとってハードルの高い部分の解決になる投資商品です。次にあげる課題を解決できます。

  • 資産運用を専門家に任せられる
  • 多くの商品に分散投資ができる

投資家が運用判断で迷う必要がない投資商品

一般的に、個人投資家が投資などする際は自分で投資先銘柄・商品などを決めなければなりません。債券や株式など、商品を一つひとつ選ぶ必要があります。

投資信託の場合は、債券や株式など含めた複数の商品をまとめた商品に対して分散投資ができる仕組みです。

運用を投資の専門家に委ねられるため、投資家が銘柄選びや投資判断で迷う必要なく運用できます。

投資信託の「基準価額」

投資信託には、値段を表す基準価額があります。基準価額の多くは、1口もしくは1万口あたりの値段です。該当する投資信託が保有する株式や債券は、時価評価の総額に対して利息や配当金などの利益を加えます。その利益から運用コストを差し引いた金額を総口数で割りだす仕組みです。

投資信託の運用が始まると、一口単位の基準価額が変動して成果に反映します。

基準価額の算出方法

基準価額は、投資信託商品の純資産総額を総口数で割って算出されます。純資産総額は、投資信託で集められた資産における投資家へ戻す部分です。

投資信託のメリット

投資信託で資産運用するメリットは、次のとおりです。

  • 少額投資ができる: 商品により金額100円から始められる
  • 専門家が運用する: 運用のプロが商品を選び値動きをチェック・投資価値を判断
  • リスク分散できる: 複数の銘柄に分散投資して企業倒産や値下がりリスクを軽減
  • 分配金配当が受け取れる場合もある:株式投資と同じ投資先決算ごとに分配金を受け取れる場合もある
  • 透明性の高い取引ができる: Webや新聞で基準価額が毎営業日公開されている

投資信託のデメリット

投資信託のデメリットは、次の点が挙げられます。

  • 元本割れのリスクがある: 元本保証がないため値動きにより利益もあり損失もある
  • 手数料がかかる:投資信託を購入または運用する際に手数料が発生する場合がある

投資信託は、ブラインド方式が採用されています。ブラインド方式は、申込み段階で価格が非公開状態の方式です。

投資信託は、複数の銘柄や商品で構成されているため、時価評価は1日1度の基準価額公開のみになります。基準価額が公開されるまで値動きが判断できないため、株式投資のようなリアルタイム取引には向かない投資商品となるでしょう。

share: