無料で始められて初心者にもおすすめ!ポイント投資とは?

share:

ポイント投資は、現金を使わずに無料で始められるため、初心者向けの投資方法としておすすめです。今回の記事では、ポイント投資について、メリットやデメリットなどを解説します。ポイント運用との違いも紹介しますので参考にしてみてください。

ポイント投資とは


ポイント投資は、クレジットカードやスマホ決済などの使用で得られるポイントを使って投資することです。中には、証券会社独自のポイントで投資できるサービスもあります。ポイント投資の対象は、次のような金融商品があります。

  • 投資信託
  • 株式
  • ETF
  • REIT

ポイント運用との違い

ポイント投資と誤解しやすいサービスにポイント運用があります。ポイント運用は、投資者の代わりに運用会社が株式や投資信託に運用するので、証券口座の開設が不要です。

以下にポイント運用とポイント投資の違いを比較しています。

ポイント投資ポイント運用
仕組み株式や投資信託などを購入してリターンを現金で受け取る株式や投資信託などの値動きに連動してポイントが増減する
手数料購入時手数料や出金手数料が掛かる場合もあるなし
分配金・配当金ありなし
証券口座の開設必要不要

ポイント投資が使えるサービス

ポイント投資が使えるサービスは、証券会社により異なります。それぞれの証券会社で扱うポイントサービスは次のとおりです。

証券会社ポイント付与サービス・投資できるサービス
SBI証券Tポイント・Pontaポイント・dポイント
楽天証券楽天ポイント
LINE証券LINEポイント
松井証券松井証券ポイント

ポイント投資は、日頃の買い物などで貯めたポイントを資金として活用できます。ポイント投資は、証券会社で取引口座を開設する場合、次の準備が必要です。

  • 金融機関の口座
  • マイナンバーカード
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • 印鑑

ポイント投資のメリット

ポイント投資のメリットは、次のとおりです。

  • 現金を使わず投資ができる
  • 利益を現金化できる

ポイント投資は、日頃の買い物やキャンペーン利用により貯まったポイントを資金にできるため、現金を使わないで投資ができます。自分にとって貯めやすいポイントサービスを扱う証券会社でポイント投資を始めれば、運用益を現金で受け取れます。無料で始められる点が初心者にとっては、リスクを抑えた投資スタイルとなるでしょう。

ポイント投資の注意点

ポイント投資には、いくつか注意点をまとめたので参考にしてください。

投資による利益は確定申告が必要利益を現金で受け取った場合、株式などの利子配当と同じく「源泉分離課税」として20.315%が掛かる
ポイント運用であれば一時所得になり年間50万円まで申告が不要
取引手数料や運用報酬が掛かる株式の売買にかかる取引手数料
投資信託にかかる運用会社への信託報酬
投資による損失リスク値動きの変動による損失リスク
元本割れリスク

 

ポイント投資は、証券口座を開設して利益を現金で受け取ることにより、通常の運用と同じく確定申告や手数料、損失リスクがあることを理解しておきましょう。

share: