インデックスファンドとは?特徴やメリット・デメリットを解説

share:

投資商品の中には、市場の動きと同じように値動きを期待できる投資信託があります。

今回は、特定の株価指数と同じ動きを目指せるインデックスファンドについて解説しましょう。

インデックスファンドとは?

インデックスファンドのインデックスとは、市場の動きを表す指数のことで、日本の指数の代表的なものとして日経平均株価TOPIXなどがあります。

インデックスファンドは、特定の株価指数を指標とし、同じ値動きを目指す投資信託です。インデックスファンドへの投資は、連動を目指す指標に依存できるため、経験のない初心者でも運用しやすい金融商品と考えられます。

運用商品としての特徴

インデックスファンドの指数として、日本では日経平均株価や東証株価指数など、米国ではS&P500などが有名で、全世界を対象とした分散投資も可能です。

市場の値動きと連動するインデックスファンドは、運用にかかる手間や調査などのコストが低いのが特徴であり、一般的に信託報酬が低くなる傾向にあります。

インデックスファンドのメリット

運用におけるインデックスファンドのメリットは、次の要素が考えられます。

少額で始められる

保有コストの低い金融商品を扱う投資信託のインデックスファンドは、少額投資が可能な点がメリットです。例えば、証券会社によっては、申込み手数料無料で1日100円から運用できるサービスもあります。そのため、投資初心者やコツコツと投資したい人にも向いている運用でもあります。

分散投資もできる

インデックスファンドで運用する行為自体が、分散投資とも考えられます。インデックスファンドは、ひとつの商品が複数の商品に分散投資できる銘柄もあります。株式型のファンドやREIT型ファンド、債券型ファンドなど多くの投資対象による運用が可能です。

分散投資とは?どんなメリットがあるの?

インデックスファンドの商品には、買付手数料が無料のものも存在します。投資家のハードルを低くした投資信託の一つです。

インデックスファンドのデメリット

運用の手軽さがメリットとなるインデックスファンドには、デメリットとなる部分もあります。

低リスク、低リターンとも言い切れない・・

インデックスファンドは、確かに初心者向けではあるものの、「初心者向け=低リスク」と断言することはできず、特に近年のような情勢だと実感しやすいリスクがあります。

リスクのひとつは、指数に連動することを目指すため、指数が上昇しているときには一緒に上昇する半面、下降するときには一緒に下落してしまうということです。というのも、指数に連動することを目的とするのがインデックスファンドの特徴だからです。

一方で、下落局面であっても、指数と一緒に下落するのは、インデックスファンドの運用として優れているということでもあります。つみたてNISAなどを利用して積立投資をしている場合、下落相場は絶好のチャンスでもあります。価格下落時は、安値でたくさんの口数を購入できるため、下落から一転し上昇局面になった際には、多くの含み益が期待できます。下落相場だからこそ仕掛けるチャンスもあるのです。

つみたてNISAの特徴は?一般NISAとの違いは?

元本割れ

インデックスファンドは、元本割れの可能性がある商品です。そのため、完全に安全な資産運用とはなりません。市場における特定の指数との連動を目指しているため、世界的な社会情勢の変化を直接受けることも考えられます。その点もふまえたリスク認識が必要です。

アクティブファンドとは?特徴やメリット・デメリットを解説
share: