GK-TKスキームの不動産投資とは?不特法事業の投資との違い

share:

不特法に関連する投資手法と比較対象となる投資手法に「GK-TKスキーム」があります。GK-TKスキームは、2つの集まりを組み合わせた事業に対しての投資手法です。今回は、不特法の特徴として、GK-TKスキームとの違いについて解説します。不特法による投資手法を検討している方は、ぜひ参考にご覧ください。

GK-TKスキームとは


GK-TKとは、合同会社(Godo Kaisha)と匿名組合(Tokumei Kumiai)、それぞれの頭文字を取った言葉で、2つの事業形態を組み合わせた投資方法のことを言います。合同会社を営業者として、投資家から匿名組合出資で資金調達します。

GK-TKは会社法と商法を活用した投資手法で、「合同会社の匿名組合事業」という認識が一般的になっています。

GK-TKスキームの仕組み

GK-TKの仕組みは、少し複雑です。

まず、合同会社に不動産を信託受益権の形式で保有させます。信託受益権とは、信託契約を交わした利益を受ける権利者が信託財産から発生した利益を受ける受益権のことです。合同会社は、資金調達を銀行からの融資と匿名組合からの出資で信託受益権を取得して運用します。

合同会社の会社設立コストが低いのがGK-TKスキームの特徴です。不特法の適用ほど法人維持コストが掛からないため、不動産投資事業として参入障壁が低くなります。GK-TKスキームは、合同会社のメリットだけではなく、匿名組合としての二重課税を避けて運用利益を投資家に還元できる特徴もあります。コストを抑えることができるため、不動産再生事業としても注目されるスキームです。

不特法の投資とGK-TKスキームの違い


次によく比較の対象になる不特法関連の投資(不動産クラウドファンディング)とGK-TKスキームの違いについて解説します。

不動産クラウドファンディングとGK-TKスキームの違うポイント

不特法事業(不動産特定共同事業)とGK-TKの違いは、下表のとおりです。

不動産特定共同事業GK-TK
信託関係の費用不要必要
根拠法令不特法・金商法に基づく
※金商法は限定的な範囲で適用されます
会社法・金商法に基づく

GK-TKは、合同会社で扱う不動産を信託受益権として保有するため、不特法による現物不動産と違う扱いになります。情報開示についても、不特法と会社法で違いが明らかです。

不特法の投資と他の投資の違いを知っておこう


今回は、不特法の投資スタイルと、その他の投資スキームの違いについて紹介しました。不特法の投資スタイルとGK-TKなどを比較するポイントは、不動産商品の扱い方です。GK-TKは、合同会社の仕組みを活用します。信託受益権を保有して得た利益を投資家に還元する投資手法です。小規模事業への投資対象として適しています。

 

不特法の特徴!TMKスキームとの違いを投資スタイルで比較
不特法事業による投資とREITとの違いを投資スタイルで比較
share: