不動産クラウドファンディングとJ-REIT 5つの違いを比較

share:

投資経験がなく資産運用を検討している方は、投資資金の準備で運用をためらってしまう場合も少なくないでしょう。資産運用は、少ない資金で投資できる商品もあります。この記事では、少額投資が可能な不動産クラウドファンディングとJ-REITの違いについて解説ていきます。

不動産クラウドファンディングと現物不動産投資の違い
不動産クラウドファンディングとソーシャルレンディングの違いを解説

不動産クラウドファンディングとは


不動産クラウドファンディング(不動産投資型クラウドファンディング)は、不動産の取得や運営などを目的に、一般の投資家から出資金を集めます。集まった出資金で不動産を手に入れて賃貸収益や売買益などを投資家に分配する仕組みです。投資家は、クラウドファンディングの投資先物件を選ぶ際に、公開されている物件の住所や状態まで調査したうえで判断できます。

不動産クラウドファンディングとJ-REITの違い


不動産クラウドファンディングとJ-REITはどちらも少額投資が可能で、事業者は複数の投資家の出資金を受けられるのが特徴です。では、両者にはどのような違いがあるのでしょうか?特徴から違いを比較してみましょう。

J-REITの特徴

J-REITは、米国の不動産投資信託のREITを日本版として利用できる投資信託です。証券会社が投資家から出資金を集めて、複数の不動産を取得します。取得した不動産の賃料収益や売買益を投資家に分配する仕組みです。J-REITと不動産クラウドファンディングは、取得した不動産の運用が共通しています。

J-REITと比較(5つの違い)

不動産クラウドファンディングとJ-REITには、5つの違いがあります。

不動産クラウドファンディングJ-REIT
1.市場と規模・運営事業者から購入
・総額1,000万円~数億円規模
・証券会社での購入
・総額数百億~数千億円規模
2.不動産の投資対象情報を開示されている具体的な物件・単一特化型
(単一エリア物件への投資)

・複数・総合型
(複数物件への分散投資)
3.売買時期や
価格変動リスク
・売却による資産価値変動のみ
・運営事業者の予定
・元本保証なし、優先劣後方式により元本割れリスク軽減採用
・価格変動あり
・いつでも売買できる
・元本保証なし
4.分配方法年1回、年2回、償還時一括など年1回~2回分配
5.課税方法総合課税(雑所得)、税率変動あり約20%の分離課税、
損益通算・源泉徴収あり

不動産クラウドファンディングとJ-REITの違いを参考に運用を始めよう


今回は、不動産クラウドファンディングとREITの違いを解説しました。不動産クラウドファンディングは、ファンド事業者の募集した投資家の出資金で不動産を取得し、賃貸利益や売却益を投資家に分配する仕組みです。

一方のJ-REITは、市場の投資家から証券会社が集めた出資金で複数の不動産を取得します。その不動産による売買益や賃料収益を投資家に分配する仕組みです。一見すると分かりにくいですが、違いを理解して、自分に合った投資方法をに選びましょう。

不動産クラウドファンディングと現物不動産投資の違い
不動産クラウドファンディングとソーシャルレンディングの違いを解説

share: