不動産クラウドファンディングと現物不動産投資の違い

share:

不動産投資を検討しているときに、投資手法を間違えて認識してしまう場合もあります。中でも不動産クラウドファンディングは、少し分かりにくい投資手法の1つでもあります。そこで今回は、不動産クラウドファンディングと現物不動産投資の違いについて解説します。

不動産クラウドファンディングとソーシャルレンディングの違いを解説
不動産クラウドファンディングとJ-REIT!5つの違いを比較

不動産クラウドファンディングと現物不動産投資の特徴

まずは、不動産クラウドファンディングと現物不動産投資、それぞれの仕組みと特徴を簡単に紹介しましょう。

不動産クラウドファンディングの特徴


不動産クラウドファンディングは、複数の投資家から出資金を集める仕組みから、少額投資できる点が特徴です。不動産クラウドファンディングの運営事業では、複数の一般投資家が出資できるように最低投資額を1万円に設定しているようです。少額投資を可能にすることで、不動産投資にハードルの高さを感じていた未経験者の参入障壁を下げられます。気軽に始められる不動産投資とも言えるでしょう。

現物不動産投資の特徴


現物不動産投資は、投資家が自分の裁量で判断する部分が多く、物件を選ぶまで時間や手間が掛かります。現物不動産投資の場合、投資家にかかる労力として、資金調達がもっとも大きな負担です。資金調達を目的に、金融機関からの融資を受ける場合も考えられます。そのため、現物不動産投資は比較的始めるハードルが高く、知識や経験を必要とする投資手法と言えます。

不動産クラウドファンディングと現物不動産投資と比較(4つの違い)

不動産クラウドファンディングと現物不動産投資には、4つの違いがあります。

不動産クラウドファンディング現物不動産投資
1.運用方法1つの不動産物件に共同出資・自己判断で不動産購入
・管理会社に物件管理を委託
2.不動産(物件)の選定方法ファンド事業者の募集案件から選定可能・自己判断で選定が可能
3.投資費用最低1万円から運用可能数百万円単位
4.管理にかかる費用負担なし・管理会社への委託料
・修繕・メンテナンス費

不動産クラウドファンディングと比較して自分の投資スタイルを確立させよう


今回は、不動産クラウドファンディングと現物不動産投資の違いについて解説しました。不動産クラウドファンディングが、従来の不動産投資と特に大きく異なるのは、少額投資スタイルと共同出資の部分でしょう。

不動産投資の話題で不動産クラウドファンディングと一緒によく出てくる「J-REIT」や「ソーシャルレンディング」なども共同出資スタイルです。ぞれぞれの違いもぜひ押さえて自分に合った投資スタイルを確立しましょう。

不動産クラウドファンディングとソーシャルレンディングの違いを解説
不動産クラウドファンディングとJ-REIT!5つの違いを比較

share: