トークンによる資金調達「IEO」とは?ICOとの違いは?

share:

仮想通貨におけるトークンは、ブロックチェーン技術を使ったプログラムで資金調達を実現します。トークンによる資金調達手段では、IEOがあります。

今回は、IEOについて特徴や仕組みなどを解説しましょう。比較対象としてICOとの違いも紹介します。

トークンによる資金調達「IEO」とは?

IEOは、Initial Exchange Offeringの頭文字の略称です。IEOは、仮想通貨による資金調達手段の一つです。仮想通貨の発行元が取引所を仲介して先行販売する仕組みです。多くの取引所では、上場までを支援しています。

IEOは、先行販売により投資家の出資を集め、資金調達に係る手続きなど一括支援が期待できます。

IEO誕生の経緯

IEOが新しい資金調達のトークンとして誕生した経緯には、トークン販売の欠点を補う部分があげられます。IEOが登場する前は、資金調達のトークンの販売方法としてICOが利用されていました。

ICOは、投資家と発行体が直接取引していたため、詐欺リスクを抱えた信頼性の低い環境でした。そのような環境を改善するために、取引所を介したIEOが誕生した経緯です。

IEOの仕組み

IEOは、仲介する取引所が新規トークンに対してプロジェクト審査を実施します。新しいトークンは、取引所による審査通過後に上場されて、取引所を介した取引を始められます。

IEOで上場したトークンは、株取引のような仕組みで企業が買い手を探す必要はありません。取引所に登録した投資家は、企業と直接のやり取りをしないで売買取引ができます。

ICOとは

ICOは、Initial Coin Offeringの頭文字を略したものです。ICOは、専用のスマートコントラクト技術によるトークンが利用されます。スマートコントラクトは、仲介者を介在させないで資金調達が行われます。発行体と投資家がダイレクトに取引できるため、信頼度の低いトークンによる詐欺も起きやすい点が特徴です。

IEOとICOの違いを比較


同じトークンであるIEOとICOの違いは、以下のとおりです。

IEO(Initial Exchange Offering)ICO(Initial Coin Offering)
取引所の対応審査やバックアップがある審査やバックアップがない
安全性高い低い
取引可能な対象範囲取引所の登録ユーザーのみ対象インターネット上で公開したプロジェクトに賛同する投資家が対象
不正行為の可能性取引所の審査や取引支援により不正防止の環境が整っている仲介者不在の直接的な取引が可能なため、信頼性の低い発行体により詐欺行為が行われやすい環境

 

share: