キャピタルゲイン・インカムゲインとは?どんな違いがあるの?

share:

今回は、キャピタルゲインとインカムゲインの違いやそれぞれの特徴について、解説します。また、初心者向けにそれぞれの計算方法なども簡単に紹介しています。

キャピタルゲインとは?

株式や債券などで持っている資産が上がり、売却すると売買差益が発生します。その差益がキャピタルゲインです。

簡単な例をあげましょう。

購入時に一株1,000円の株式を500株購入した場合、保有資産あるいは時価は50万円です。この銘柄が一株1,200円まで上がった場合、持っている資産が50万円から60万円に増えます。この時点でこの500株を売却すれば、10万円の利益が発生します。そして、この10万円から手数料や税金を引いた実際の売買差益がキャピタルゲインとなります。

キャピタルゲインの計算

キャピタルゲインを計算する方法は、以下の式によります。

  • 購入時価格ー売却時価格

手数料や税金を含めて正確に計算すると次のとおりです。

  • 売買差益(売却時価格ー購入時価格)から、それにかかる税金や手数料を差し引く

株式取引の場合、特定口座源泉徴収ありを選択していれば、その都度税金が差し引かれます。税金は、取引における売却のタイミングで引かれます。そのため、確定申告が原則不要です。

投資の税金が気になる!「特定口座」を覚えておこう

インカムゲインとは?

インカムゲインとは、株式などの資産を保有している際に得られる収益のことをいいます。不規則ではなく、定期的に利益を獲得できる長期的な投資です。

インカムゲインの特徴としては、ローリスクローリターンであることが挙げられます。安全性が高く、資産を保有しているだけで利益が入ってきます。反面、多くの場合は、収入額が売却益のように大きくありません。

具体的には、株式投資や投資信託による分配金がインカムゲインにあたります。

株式投資では配当があり、銀行の預貯金では預けることによって半年に一度定期的に受け取り可能な利息などがあります。

投資先企業の業績によっては配当金が少なかったり、支払われない可能性もあるので注意が必要です。

インカムゲインの計算

インカムゲインの計算は、次のとおりです。

  • 投資信託の場合:口数×一口あたりの金額=保有資産
  • 株取引の場合:株数×一株あたりの金額=保有資産

例えば株式投資におけるインカムゲインには、配当所得として税金が課されます。 上場株式等の配当等の場合、配当所得にかかる税率も、2037年まで20.315%(復興特別所得税を含む所得税15.315%、住民税5%)です。 配当所得は、確定申告不要制度を選択すると確定申告の必要がありません。

それぞれの違い一覧

キャピタルゲインとインカムゲインの違いを簡単に一覧で比較しました。

キャピタルゲインインカムゲイン
所得の種類譲渡所得配当所得
収益の特徴大きな収益を期待できる継続的な収益を見込める
損失の特徴大きな損失が考えられる企業の業績次第で分配されないことや減る可能性がある
該当するおもな投資方法株式投資
投資信託
不動産投資
預金
不動産投資
投資信託
ETF(上場投資信託)
株式投資
FX(外国為替証拠金取引)
個人向け国債
定期預金

 

share: