セキュリティトークンとは?活用方法などわかりやすく解説

share:

ブロックチェーンは、仮想通貨などの取引記録を暗号技術により複数ユーザーが分散保持および管理できる技術を駆使したデータベースです。ブロックチェーン技術を利用して法令のもと発行される有価証券のことをセキュリティトークンといいます。

今回は、セキュリティトークンについて、できることや活用方法などを解説しましょう。

セキュリティトークンとは?

セキュリティトークン(以下ST)は、冒頭で触れたブロックチェーン技術やトークンの仕組みを採用したデジタル有価証券です。STを利用した資金調達は、世界的に注目されています。安全性や拡張性など将来的に発展が見込まれている状況です。

STでできること


STでできることは、投資対象の多様化が考えられます。ST市場が発展することにより、以下のような投資スキームでの利用を期待できます。

  • ベンチャー企業のプロジェクトファイナンス
  • 美術品や嗜好品への投資
  • 不動産投資
  • 航空機などのアセットファイナンス

STの普及によりできることの一例は、次のとおりです。

  • 仕組みをプラットフォーム化して資金調達を簡素化できる
  • 透明性を高めて世界各地で資金調達できる
  • 二次流通市場が整備されて証券の流動性が高まる

有価証券をSTにするメリット

有価証券をSTにするメリットは、次の要素が考えられます。

メリット要素メリットから期待できること
アクセス範囲の拡大STは24時間365日世界中のどこからでもアクセスできる
所有権における不変の記録他人への所有権譲渡による紛争が発生した場合の対処になる
取引レコードを不変の台帳に格納透明性のある不変の台帳に格納されているため所有権レコードなど公正に把握できる

 

STは、よりグローバルな資本市場を目指して取引を可能にするため、取引記録の公正さや透明性を重視しています。有価証券の取引を活性化するための役割を担うでしょう。

ブロックチェーンの「トレーサビリティ」が消費者とブランドを守る

STの活用状況

国内におけるSTの活用状況は、2020年5月の金商法および関連する政府令の改正により、STが法令準拠のうえ取扱い可能になりました。

改正施行された法律は、「電子記録移転有価証券表示権利等」です。金商法で定めるみなし有価証券において、電子情報処理組織を使って移転できる財産価値に表示されるものが該当します。

STは、自主規制機関である一般社団法人日本STO協会のもと、規制や環境整備が進められて、2021年3月に国内初のST活用が実現しました。

データ参照元URL:

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000434.000007957.html

電子記録移転有価証券表示権利等の発行及び保有の会計処理及び開示に関する取扱い

share: