投資信託の基準価額とは何か?算出から分かりやすく解説

share:

投資信託を始めるには、投資信託の商品を取り扱う販売会社(証券会社や銀行、郵便局など)からの情報を基準にして選びます。その際、運用会社が提供するファンド名と並んで表示されているのが基準価額です。今回は、基準価額について分かりやすく説明します。

投資信託の基準価額は算出された資産価値

投資信託の販売会社では、購入できるファンドを一覧で掲載しています。一覧では、ファンド名と並んで次の金額を確認できます。

  • 基準価額(基準日)
  • 純資産総額

上記にあげた基準価額は、基準にそって算出された投資信託の価格をあらわします。投資信託の取引では、「何口」という口数で価額が示されています。

株式を購入する際は、その銘柄の株価をまずは見ましょう。投資家は、その時の株価を参考に運用資金と照らし合わせて株式の単位に置き換えて「何株買うか」を検討します。投資信託の多くは、販売されているファンドの1万口の基準価額で掲載されています。つまり、示されている価額を10,000で割った数値が1口の価額になります。

基準価額はこうして算出する

投資信託では、運用される純資産総額の仕組みから基準価額を算出する流れを理解できます。

資産総額の算出運用会社がファンドに組み入れたすべての株式や債券などを時価評価する

債券の利息や株式の配当金など運用益を加算する

純資産総額の算出ファンドの資産総額から運用コスト(信託報酬など)を差し引く

ここまでの流れで算出された金額を以下の式にあてはめます。

純資産総額÷ファンド総口数=ファンド1口あたりの基準価額

ファンド総口数は、時価評価した時点のファンドが保有する口数です。上記の計算結果から、1口当たりの価額が割り出されます。その価額に10,000を掛けるとファンド一覧で掲載されている基準価額の数字になります。

基準価額が変動する要因

基準価額が変動する際は、以下の要因による影響が考えられます。

  • 資産価格(投資信託が保有する株式や債券・不動産など)の値動き
  • 信託財産から分配金が支払われると純資産総額の減少により基準価額も下がる
  • 投資信託にかかる運用管理費用を差し引かれることで基準価額に影響する

投資信託の基準価額が変動する要因として、為替や金利などの影響も考えられます。購入時だけではなく、投資信託を換金するときも影響を及ぼします。

当日ではなく前営業日の価額で取引する

更新される基準価額は、当日の取引終了後に行われます。証券会社などで一覧表示されている信託商品の基準価額は、前営業日の時価評価をもとに算出された金額です。

基準評価額は、当日の取引を終えてから公表されるため、投資家は前営業日の時価評価を参考に取引しなければなりません。このように適用される基準価額がわからない状態で購入・換金する方法をブラインド方式といいます。ブラインド方式が採用される理由は、先行して運用している投資家の利益を守るためです。

投資信託とは?メリットとデメリットを解説
不動産投資信託(リート)とは?仕組みやメリット・デメリットを解説
share: