アクティブファンドとは?特徴やメリット・デメリットを解説

share:

投資信託による資産運用は、手堅くコツコツと利益を求めるインデックスファンドだけではありません。

大きなリターンを求めている投資家には、アクティブファンドも運用手段のひとつです。今回は、アクティブファンドについて、特徴などを解説します。

アクティブファンドとは?

資産運用においては、市場の動きではなく銘柄ごとの値動きに期待して大きく利益を目指すことも可能です。アクティブファンドは、そのような目的を持った投資家に最適な運用スタイルになるでしょう。

アクティブファンドは、投資のプロであるファンドマネージャーの目利きにより、選ばれた銘柄で運用する投資信託です。インデックスファンドのような市場の特定の指数を目指す商品ではありません。

アクティブファンドは、投資のプロの判断をもとに銘柄を選定する調査などに費用が掛かります。基本的に日経平均株価などの指数を上回る成果を目指す運用スタイルとなっています。

運用における特徴

アクティブファンドは、ファンドマネージャーの運用能力に依存する部分は大きく、ファンドマネージャー次第とも言えます。ファンドマネージャーが徹底的に調査・分析して選び抜いた銘柄に、どのくらい投資するかもファンドマネージャーが決めるので、インデックスファンドとはまったく違う投資信託となります。もちろん、運用期間中もリバランスやポートフォリオの見直しは行っていますが、アクティブファンドの実績はファンドマネージャー次第で決まります。

また、大きなリターンを目指すだけに、割安な株や成長企業の株を銘柄に組み入れることも考えられます。

アクティブファンドのメリット

アクティブファンドのメリットは、やはりそのリターンの大きさです。大きなリターンを目指せることがプロの投資家であるファンドマネージャーの目的でもあります。ファンドマネージャーは、市場における指数を上回る運用成果を目指して、対象となる銘柄を選びます。

アクティブファンドは、商品の数が多岐にわたるため、投資家の運用スタイルや投資目標などでテーマを絞ることも可能です。ファンドマネージャーが厳選した商品の中から、自分の目的に合った商品を見つけられます。

アクティブファンドのデメリット

アクティブファンドは、大きなリターンを見込める分、運用コストも掛かります。プロの投資家の判断を仰ぐため、その分のコストも負担しなければなりません。そのため、場合によっては大きな損失も考えられる点を理解しておきましょう。

また、アクティブファンドは必ずしも市場における指数以上の成果を上げられるとは限りません。銘柄も複数あるため、すべては投資家の選んだ商品と、やはりファンドマネージャーの実力次第となる運用スタイルといえるでしょう。

インデックスファンドとは?特徴やメリット・デメリットを解説
share: