仮想通貨のマイニングとは?現代のゴールドラッシュか

share:

かつて、世界中がゴールドラッシュに沸いた時代がありました。無論、今でも鉱山を採掘する事業は数多とありますが、ゴールドラッシュ初期のようなアメリカンドリームは、なかなかお目にかかれませんでした。

そんな中で注目を集めているのが仮想通貨のマイニングです。

仮想通貨のブームに伴い、仮想通貨のマイニングがゴールドラッシュを越えるほどの空前絶後の規模で行われています。今回は、そんな仮想通貨のマイニングについてわかりやすく解説していきます。

仮想通貨を取得する方法

ビットコインに代表される仮想通貨ですが、これを取得するには大きく2つの方法があります。1つずつ見ていきましょう。

仮想通貨を購入する

まずは、購入する方法です。仮想通貨の取引所や販売所で口座をつくり、法定通貨(日本なら日本円)を入金した上で、取引を行います。

仮想通貨のマイニングを行う

マイニングは、直訳すると「採掘」という意味になりますが、ここでのマイニングは鉱山の採掘ではなく、インターネットの世界を採掘することで、仮想通貨を生み出すことを意味します。

マイニングとは何か?

「マイニングとは何か?」をお話しする前に、仮想通貨の根幹的機能になっているブロックチェーンとは何か?の基礎をおさらいします。

ブロックチェーンの特徴の1つに、「中央集権による管理者が不要で、不正をしにくくする技術」があります。例えば、ブロックチェーンでは取引の情報等が一定の規則でつなぎ合わされています。ブロック単位で保存してつなぐので、ブロックチェーンと呼ばれています。

そして、その取引情報を承認して、鎖の末尾につなぐ作業をマイニングといいます。

マイニングには高性能なコンピュータが必要

マイニングの作業は非常に難解なパズルを解く工程に似ており、取引記録を承認するにはコンピューターの演算機能を使う必要があります。一方で、同時に演算を処理する数が多ければ多いだけ演算速度は加速することにもなるため、マイニングを行おうとする人たちの間では高性能なパソコンや必要なパーツがたくさん売れました。

これらの膨大な計算を行ってマイニングしているいる人のことを「マイナー」と呼び、演算処理を誰よりも早く完遂させて取引情報を承認させる競争に勝ち抜くことで報酬(仮想通貨)を獲得することができます。

マイニングで稼ぐのは難しい?

一般家庭用のパソコンでも高性能なものを選び、さらにカスタマイズすることで、マイニングしている方もいます。しかし、収益がプラスになるには時間がかかりますし、高性能なパソコンは電気代も高くなりがち。マイニングだけで稼ぐというのはなかなか厳しいようです。

大規模事業化する仮想通貨のマイニング

こうした事情があるため、近年、仮想通貨のマイニングは大規模事業化されつつあり、同時にマイニングには大量の電力を消費するため、自然環境への悪影響を指摘する声が多く挙がっているのも事実です。

一攫千金を追い求めてマイニングを行うのは、姿形は変われど今も昔も変わっていません。

次のチャンスを見逃さないためにも、ブロックチェーンや仮想通貨のことをしっかりと学んでいきましょう!

share: